ニュース一覧

使用前に確認しよう

音符

動画投稿サイトも注意

現代の多くのショップでは、bgmとして何らかの音楽が常時流れているのが一般的です。bgmはショップのイメージを左右する重要な役割を持っています。周辺の生活音や利用客の声などを隠したり、ショップのイメージを誘導するなど、売上にも大きく影響する部分があります。特にカフェやレストランなど利用客が長い時間滞在する営業形態のお店では、何をbgmに選ぶのかは経営者にとっても頭の悩ませどころと言えます。ただbgmを決める前に、一つ気をつけなければならない事があります。それは音楽には付き物の、著作権問題です。音楽にはその作曲者や歌手に演奏者、さらには音源の発行元など、様々な人や会社が複雑に関係しているため、著作権侵害にあたるかどうかの判別が難しい点があります。店舗でbgmを流していたら、突然著作権侵害を指摘されて、使用料を請求されるというケースはよくあります。もし使いたい曲というものがはっきりしているのであれば、最初から利用申請をして使用料を払って使うのが基本です。もしくは始めから著作権フリーの楽曲を使うのも方法の一つです。中にはyoutubeなどの動画投稿サイトの動画や、音源をbgmとして流そうと考えているオーナーもいるかもしれません。確かにyoutubeには多くの音楽が投稿されていますし、わざわざbgm用に編集した動画などもあります。ただ結論から言えば、youtubeの動画であっても無断でショップで流すのは著作権違反に当たる恐れがあります。これはyoutubeの動画を流す行為そのものより、そこにアップロードされている動画が違法アップロードの可能性があったり、投稿者や演奏者に権利が発生している場合があるためです。店舗のbgmとして流すには、結局著作権者や少なくとも投稿者から許可をもらう必要があります。bgm用の音楽集などは、許可だけとれば無料で使えるケースもあります。