ニュース一覧

案件とその管理方法

オフィス

ツールの活用

企業においては、様々なプロジェクトを同時進行させながら業務を進めているケースが通常である。それらのプロジェクトについては、各プロジェクトの進捗状況や顧客とのやり取りなど管理することが重要になる。管理されていることで、上長などは適切なサポートを行うことができ、社内においても管理部門などが状況を把握できるようになる。これらの案件管理を行う際には、案件管理ツールの活用が人気となっている。案件管理ツールでは、案件内容を事前に登録し都度更新していくことで案件管理が可能になる。案件の基本的な情報や最新の状況などを管理することができ、社内でどのような案件があるかを一覧表示することなどもできる。案件管理ツールで人気のツールでは、いくつかの特徴がある。大きな特徴としてあるのが、利用しやすさである。案件管理ツールでは、利用する人の登録しやすさが特に重要になる。登録時の入力方法が手間であったり、分かり辛い場合利用されなくなる恐れがあるためである。また、入力が煩わしい場合には、入力自体に時間がかかってしまい、業務の効率化を妨げる恐れもある。これらのことから、案件情報の登録しやすさが特に重要になる。また、検索のしやすさも重視される。案件管理ツールでは、登録された案件情報を管理者などが検索し、状況確認するために利用されるケースが多い。そのような際、登録情報が見つけづらいと利便性が下がる。その為、検索のしやすさも重要なポイントになっている。